太陽光発電、これからは?

住宅用の太陽光発電の設置に関しては、地球温暖化対策とのため、補助金制度と、更に買取価格の倍増といった支援がなされてきました。

ただし、補助金額は、1kW当たり3.0万円/kW又は3.5万円/kWです。この補助金制度は、平成25年度をめどに終了する、とも発表されており、その後は電力買取制度のみの補助になりそうです。 価格も見直される可能性があります。
その電力買取価格も、42円/kwhから平成25年度は38円/kwhで調整されているようです。

そうなると、設置負担はどうなるのでしょうか。

これまでは補助金と10年間の電力固定買取価格を合わせると、購入時の費用(毎月のローン返済)をカバーできる位でした。
もし、上記通りに補助金や買取価格が減額されても、生産性向上と品質向上により、トータルでの設置費用が抑えられると考えられるので、負担が極端に大きくなることはないと思われます。

いずれにしても、太陽光発電の設置を検討する時は、価格と品質(製品と設置工事の品質)をよく吟味することはもちろん、設置後のサポート体制にも留意して決められれば安心ですね。

(※上記の金額は今後、変更になる可能性があります。)





電話でのお問い合わせは  ☎052-251-4871 まで    メールでのお問い合わせはこちら