ポンプ・エアコン設備の提案型商社

電気工事業、管工事業 愛知県知事許可(般28)第106072

個人のお客様はこちら


太陽光発電、これからは?

住宅用の太陽光発電の設置に関しては、地球温暖化対策とのため、補助金制度と、更に買取価格の倍増といった支援がなされてきました。

しかし、その買取価格も減額が続き、現在は、10KW未満で24円(税込)。
10KW以上2000KW未満では18円(税別)となっています。この価格は今後も減額が続くと予想されます。今後は、自家使用分を賄い、余った分を売る、余剰買取として検討する時代になっていきます。その中で、蓄電池やエネファームと組合せてより効率のよい自家発電システムの構築も必要と思われます。

そうなると、設置負担はどうなるのでしょうか。

これまでは補助金と10年間の電力固定買取価格を合わせると、購入時に費用(毎月のローン返済)をカバーできる位でした。
もし、上記通りに補助金や買取価格が減額されても、生産性向上と品質向上により、トータルでの設置費用が抑えられると考えられるので、負担が極端に大きくなることはないと思われます。

いずれにしても、太陽光発電の設置を検討する時は、価格と品質(製品と設置工事の品質)をよく吟味することはもちろん、設置後のサポート体制にも留意して決められれば安心ですね。

(※上記の金額は今後、変更になる可能性があります。)





電話でのお問い合わせは  
☎052-251-4871 まで    
メールでのお問い合わせはこちら