ポンプの省エネ

渦巻きポンプの省エネ

ポンプ仕様

SPEED
回転速度
min-1
CAPACITY
吐出量
㎥/min
DISCHARGE
吐出揚程
OUTPUT
モーター馬力
kw
FREQENCY
周波数
Hz
1800 2.0 48.5 22.0 60
1620 1.8 39.0 16.0 54
①×90% ①×81% ①×73% ①×90%
1440 1.6 31.0 11.2 48
①×80% ①×64% ①×51% ①×80%

ポンプの省エネ_グラフ

渦巻きポンプをインバータで制御すると、なぜ、省エネになるのでしょうか。
渦巻きポンプ特性として、回転数を変化させると、
・吐出量は回転数に比例して減少する。
・揚程は、回転数の二乗に比例して減少する。
・モーター馬力は、回転数の三乗に比例して減少する。
このような変化をします。
上表をご覧ください。
上側の黒、青、水色の各線は、ポンプ能力(吐出量と揚程)を表しています。
下の各線は、モーター馬力を表しています。
各曲線状の点は、能力の変化をみるための仕様点です。
一番上の黒色の曲線が、60Hzの通常周波数で運転している場合の能力です。
回転数を10%減が、青色の曲線です。
回転数を20%減が、水色の曲線です。
曲線状の各点が、上述の条件で変化していることが分かります。


省エネ例

ポンプ仕様

SPEED
回転速度
min-1
CAPACITY
吐出量
㎥/min
DISCHARGE
吐出揚程
OUTPUT
モーター馬力
kw
FREQENCY
周波数
Hz
1800 4.0 34.0 29.0 60
1800 2.0 48.5 22.0 60
1620 2.0 40.0 17.0 54
①×90% ①×82% ①×77% ①×90%
1440 2.0 29.0 12 48
①×80% ①×60% ①×55% ①×80%

ポンプの省エネ_グラフ

渦巻きポンプの省エネの定番、インバータ変速ポンプは、一般に吐出量が多いほど電力を消費します。
吐出量が4㎥/minの場合、消費電力は29KWです。(上図
吐出量が2㎥/minの場合は、消費電力は22KWです。(上図●)
なので、必要な量が2㎥/minになるように、バルブの開度を調整すれば、7KWの省エネになります。
これに対して、インバータで回転数を調整して吐出量を調整するとどうなるでしょう。
バルブの調整での使用点が、上図●でした。
インバータで回転数を90%に調整した時には使用点は青い曲線に移ります。その時の消費電力は、17KWです。(上図
バルブで調整した場合に比べると、5KWも多く省エネできたことになります。
揚程に余裕があって、さらに回転数を80%にできれば、使用点は水色の曲線に移り、消費電力は12KWになります。(上図
上図は、渦巻きポンプの性能曲線ですが、空調用のファンも同じような省エネ効果が得られます。





電話でのお問い合わせは  ☎052-251-4871 まで    メールでのお問い合わせはこちら