ギアポンプ選定の流れ

  1. step 1 現場調査
    ・設置場所の確認:機器選定の条件を調べます。
    ・配管ルート確認:室外機の据付場所、配管距離、高低差を調べます。
    必要な部品や材料、クレーンの要否などを確認します。
    ・電源工事の確認:専用回路の要否、電源容量の確認をします。
  2. step 2 プランニング・お見積り
    1. step 1 使用液の条件を教えて下さい。
      送液の条件(液名、温度、粘度、比重他液の特徴など)
    2. step 2 ポンプの仕様が決まっている場合。
      吐出量、圧力など仕様を教えて下さい。
      NPSH 揮発性の高い液、高粘度液の汲み上げラインなど、配管計画もお任せ下さい。
      NPSH計算書 PDFダウンロードはこちらから
    3. step 2 ポンプの仕様が決まっていない場合。
      設置条件、配管経路などをお伝え下さい。
      設備の図面(フロー図、配管経路図など)を頂ければ、最適のポンプを選定致します。
      NPSH 揮発性の高い液、高粘度液の汲み上げラインなど、配管計画もお任せ下さい。
      NPSH計算書 PDFダウンロードはこちらから
    4. step 3 電源条件を教えて下さい。
      周波数、電圧、防爆の要否
    ※メンテナンス、ユニット製作、設備更新もお任せ下さい。
    ポンプ及び周辺機器を効率的に組み合わせモジュール化したユニットを設計致します。
    工事既設設備改造から、配管工事までまとめてお任せ下さい。
    制御盤など、ポンプのコントロールもお任せ下さい。

    *PDFダウンロード
    ポンプ選定の流れ PDFダウンロードはこちらから

  3. step 3 ご発注
    ・オフィスや工場の場合は、工事契約書を作成します。
  4. step 4 工事準備
    ・機器、材料の手配、協力業者のスケジュール調整をします。
    ・必要に応じて、現場の最終確認をさせて頂きます。
    ・最近は、駐車場の確認も重要です。
    ・お客様と相談のうえ、工事日を決定します。
  5. step 5 工事当日
    ・床、壁、パソコンなどの重要機器を、しっかりと養生をします。
    ・室内機を設置します。
    ・配管、電気配線工事をします。
    必要な場合は、専用コンセントの設置をします。
    ダイヤモンドカッターで壁に穴をあけるなど、騒音埃が出ることがあります。
    ・室外機を据付けて、配管、配線が完了。
    ・真空ポンプで、配管内の空気、湿気を完璧に排出します。
    30分くらいかかります。この間に、工具や養生の撤去、片付けをします。
    ・試運転。
    機器の運転状況、冷暖房の機器を確認します。
    ・機器の取扱説明をして、工事は完了です。





電話でのお問い合わせは  ☎052-251-4871 まで    メールでのお問い合わせはこちら